カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2010年5月 3日

連休と春の終わり

012_2

先日、あるお宅に伺うとマンションの一角にこんな可愛い五月人形が飾られておりました。
この場所は季節ごとにいろいろな飾りつけに変わり、私の大好きなコーナーです。
さっそく携帯の待ち受けに変更しました。

019_3

ちなみにそれまでの待ち受け画面は、その近くの隅田川を眺める景色で、毎年この景色を眺めながら春を満喫している場所です。
この景色、 また来年までお預けです。018_2

| コメント (0)

2010年5月 2日

久しぶりの再会

先日、午後から急に浦和に行くことになりました。
実は私、何回乗っても高崎線と京浜東北線がわからないのです。
川口までは行っておりますが・・・・。

有楽町から携帯ナビを見ながら順調に(?)上野まで行ったのに、ナビを無視して目の前の1番線に乗ってしまいました。
確かにホームの案内には「浦和」があったのに、残念ながら「南浦和」止まりでした。なんせどっちが先なのかわからなかったので・・・。
乗り換えて浦和の待ち合わせ場所にたどりつき用事を済ませ、乗り換乗り換えて今度は「門前仲町」まで。
これは、予定になかったのですが急に「お不動様」」に行くことになり。

そちらもお参りだけをして皆さんと別れ、帰宅しようとして急に久しぶりに友人ご夫婦にお会いしようと思い立ちました。
後日、別な友人にお願いして届けていただこうと思っていた「彩果の宝石」
その友人宅が深川ですので、歩いて5~6分なんです。急遽、
購入した「彩果の宝石」を直接お届けにあがりました。

電話で在宅を確認し何年振りかでご自宅にお邪魔しました。
こちらのお宅は、ここ何年かお休みをしている「お茶」の友人宅です。
友人と呼ばせていただきましたが、もちろん私よりも何年も年上でお茶でも先輩ですが、十何年も前から海外旅行にグループで行ったり、毎月、自主練習にご自宅を開放してくださっている方でご主人様もご一緒に親しくさせていただいております。

何年か前に手術をされたりしたご主人もお元気で、奥様の大好きな「彩果の宝石」も渡し、しばし楽しく歓談。
ご主人は毎日何冊も本を読む事が楽しみだそうで、たくさんの先輩の姿に接することで元気も湧いてきますね。

| コメント (0)

思い出いっぱい

とうとう歌舞伎座が千秋楽を迎えましたね。

確かに内部古くてたまに行く「一幕見」4階に行くのも大変!
トイレも古くて狭かったしね。

私の中で最初の「歌舞伎座」の思い出は、昭和29年頃だったと思いますが、当時「坂東流」の舞踊を習っていた私を、先生が子供たちだけを(記憶の中では)連れて行ってくれた時の事です。
すごくきれいで、確か家元で有る「三津五郎さん」が踊られるときに花道のすぐそばで見上げてみていた記憶があります。
確か「雨の五郎」だったと思いますが、これも定かではありませんが・・・・・。
今思うと、歌舞伎座が新しくなり舞踊ブームみたいなものがあったのでしょうか。お稽古ごとの一つだったんですね。

改築はさびしいけれど、新しい歌舞伎座も楽しみです。
でも、当分は券など買えるはずもないので時間の有るときにでも「一幕見」がんばります。

Imgp5220

写真は3月の時に中で売っていたチョコレートだそうで、頂いたときに記念に映しておいたものです。

Imgp5224マニアの方達は現物を取っておいて、何十年後かに値が上がるのでしょうかね。


ミーハーな私は残り21日前にパチリと撮りました。
015

| コメント (0)

2010年4月18日

最後のお花見

先日美術館の庭園開放に一緒に行った友人が「家の近くのお宅に、ウコンザクラ(鬱金桜)かギョイコウ(御衣黄)かわからない桜が咲くのよ」と聞き、咲いたら連絡をしてくれることになっておりました。
何日か前に電話が入り「8分咲き」との事
早速、旗の台迄行ってきました。以前どこかの植物園で見たことが有ったと思いますが定かでは有りません。

Imgp5228 土曜日の仕事の後、駅で待ち合わせ、みぞれ交じりだった朝とは違い嘘のように晴れ上がった道を桜を目指し歩きました。
はじめて歩いた道でしたが「旗の台」って坂が多いいのですね。
住宅街を少し歩いてたどり着いた所には「ソメイヨシノ」のように華やかではないけれど、淡黄緑色の八重咲きの花が咲いていました。
Imgp5229

Imgp5231一本だけ普通のお宅に有る樹でしたがウコンザクラ(鬱金桜)なのかギョイコウ(御衣黄)なのか判らずに見上げていると、そこのお宅から職人さん風の方が出てきましたので写真の許可とお話を伺うと、持ち主の方はご高齢でよくわかりませんがたぶん「ウコンザクラ」ではないかとの事でした。
帰ってから調べてみたら、やはり「ウコンザクラ」だと思われます。
 
Imgp5229_2

Imgp5232 Imgp5234_2

Imgp5233_2

| コメント (0)

2010年4月12日

久しぶりのコンサートです。

久しぶりでコンサートに行ってきました。
何年ぶりでしょうか。

しかもとても珍しいコンサートでした。
と、言うのはメンバーが放送局でしか実現しないと思われる、加藤登紀子さん・由紀さおりさん・夏川りみさん等珍しい組み合わせでした。
五人の歌姫達のそれぞれ個性ある唄声に感激。

夏川りみさんは六カ月に入られたとか・・・。「童神」もゆったりとしていつもよりやさしい唄声に聞こえました。
もちろん加藤登紀子さんや由紀さおりさんはさすがベテラン。
登紀子さんの唄を久しぶりに聞いて「野音」を思い出しました。
「ウォクマン」や「ipod」にも入っているけどやっぱり生の音は良いですね。

K様、楽しい時間をありがとうございました。

Imgp5215

| コメント (0)

2010年4月 7日

お花見1

今年は天候不順のおかげで本当に長くお花見が出来ましたね。
私も何回かお花見のチャンスに恵まれました。
その一番最初が「成城学園の仙川沿い」です。

ここ2~3年友人宅に伺った時にお花見をして、とても綺麗だったので時折、川口教室でもお話をしておりました。
そして今年、「行ってみた~い」と話がまとまり。成城学園までのお花見ツアーの実行となりました。
でも、わざわざ都心を離れてのお花見でいいのかな?と心配になりましたが、地元の友人が心配をしてくれて、何回かメールで「桜の開花状況」を送っていただいたおかげで決行。

1日(木)12時半に駅で集合…今回は当日の天候などもあり、私を含め三人のお花見になりましたが、早速、最初の目的の(?)「神戸屋キッチン」でランチを食べよう!です。
ご存じに方が多いいと思いますが、こちらは「焼き立てパンの食べ放題」です。
私も友人宅に伺う時に何回か連れて行っていただきましたが、パンでお腹がいっぱいになってしまうくらいで焼き立てパンのおいしい香りと、焼き上がるたびに回ってきて勧めて頂くとついつい手が出てしまいます。
予約を入れておいたおかげでスムーズに案内していただき、ランチ開始。
オレンジパンもお豆のパンもほ~とにおいしかった!!

Photoその後、成城学園の街をブラブラと歩いてお花見開始。
翌日から「さくら祭り」だったようですが、人出もなくのんびりとず~と続く桜並木を写真を撮りながら歩きました。
その後、駅を越して「仙川」沿いを歩き、今回の見どころ「東宝撮影所脇の道」に入るとずっと続く桜に歓声をあげてしまいました。Imgp5188

Imgp5189

そしてもう一つの桜を見るために世田谷通りを越して「妙法寺」へ。こちらの枝垂れ桜」も友人ご推薦の桜です。

こちらも丁度見頃でした。

Imgp5197

その枝垂れ桜を見ながら友人の「忘れずに食べて!」という「桜餅」をお茶を飲みながら頂きました。
この桜餅は白い道明寺粉で「伊豆の桜の葉」を二枚使っていて、葉の柔らかさと香りがとてもおいしかったです。
かなりのんびりと過ごしましたが、6時からのライトアップにはまだまだ時間が有るので時間をつぶそうと喫茶店を探しましたが無いんですね~この辺は。
ここで喫茶店を求めて歩きました。

Imgp5199

その間、風が強くなってちょっと心配しましたが、三人の心がけ(?)が良いのでしょうか、「マック」に入っている間はかなりの風でしたが、お店を出て歩き始めた時にはそれほど風を感じることなく先ほどの「東宝撮影所」まで戻りました。

Imgp5206

さすが本職のライトアップ!!昼間とは違い、幻想的な夜桜見物を堪能。
ここは毎年、撮影所が取引先をご招待するためにライトアップをするのだそうで(今年は3月31日~4月4日迄でした)地元の人たちもライトアップを楽しみにしているそうです。
以外と余り知られていないので、ゆっくり見ることができます。(もちろん地元の方しか知らないですよね)
こちらの夜桜は、水のせいでしょうか川に移る桜がとても綺麗なんです。

Imgp5207

| コメント (0)

お花見2

国立博物館で庭園を開放していることをご存知ですか?
私は最近知り、行ってみたいと思っておりました。友人からの誘いで午後からでしたが行ってきました。
上野の公園口で改札口を通るのに10分以上かかったのは初めてでしたが駅を出てしまうと意外とのんびり。

博物館に向かう前に「輪王寺 両大師堂」で「御車返しの櫻」と呼ばれる珍しい桜を見ました。
この花は花弁の数がまちまちで、まるで1本の木に一重と八重の淡い紅色の花が同時に咲いたように見えるという桜で、小ぶりでかわいい桜でした。

最近は平成館へ行くことが多かったのですが今回はまっすぐ庭園へ。
年に二回の開放だそうで、期間内はボランティアの方が一日二回庭園内の桜についてツアーをしています。

ちょうどツアーに間に合い説明を聞きながら庭園と館内を歩きました。
その後、お庭は閉園となってしまったので、館内を時間まで見て回りました。
驚いたことは外人の方がすごく多かったことですね。
結構パチパチと写真を撮っているので係りの方に伺うと「ダメ」のマークが付いていないところは撮影OKなんだそうです。
最初から美術館はダメなんだと思っていた私でした。

今度は秋にも行きたいですね。

Imgp5218

| コメント (0)

2010年4月 3日

リュック完成

ちょっと久しぶりのブログになってしまいました。
3月末からは久しぶりの縫物に追われ、4月に入ってからは楽しい花見の季節。
と、言うわけでまたまた間が空いてしまいました。

3月下旬の事。甥のお嫁ちゃんからの電話で「保育園用のリュック」を頼まれました。
「頼まれるうちが花」とOKしましたが、頼りにしていた「キンカ堂」が無くなってしまったのです。
子供のころからいつも身近にあったお店が無くなるって寂しいし不便ですね。
一年のほとんどが着物の生活だった母は小物類は(腰ひも等…)はいつもキンカ堂でしたし、その買い物について行って帰りにソーダー水等を飲ませてもらうことが嬉しくってついて行ったものでした。
学生の頃は学校の教材を友人たちと買いに行き、帰りに下のレストランで内緒でジュースなどを飲んだり(先生に見つかったら学生証の取り上げものでした)近年は甥や姪の物を作るときにはかわいいボタンを探しにいったりと、有って当たり前のお店でした。
本当に残念ですね。

そんなわけでお店探しから始まってしまいました。
考えられるのは「ユザワヤ」か「オカダヤ」
最近は「ユザワヤ」が店舗を増やし、いろいろな場所に増えましたね。
でも、「キンカ堂」とは品数なのかちょっと違いますね。
知りたいことを教えてくれる店員のおばちゃんたちはいないしね
必要なだけの長さにファスナーを切ってもくれないし。
もちろん銀座や新宿の都心に有るお店だから仕方がないかもしれませんが、何かを聞くために何分も待たなくっちゃならないし、驚いたのが問い合わせの電話が3回とも10分以上かからない!
しかも、「キャラクター物は扱っていません」って。
それでも、新宿店は扱いが有るので購入。

Imgp5117_3

頑張って作りました。ご希望の「ウルトラマン」のリュックです。
もう一人の姪の子供には2年生になるまで何回か作りましたが、すでに中学生です。覚えていてくれるのかな?
今回のチビちゃんは何年か前に作ったものがImgp5135小さくなったので前回より少し大きめのご依頼。
キルティングで「リュック」を作り、同じ柄の綿で「お弁当入れ」と「コップ入れ」「箸箱入れ」を作りました。

Imgp5151

でもかわいいのでキルティングで「ティッシュ入れ」とフェルト地にワッペンを張り「お弁当止め」を作ってみました。
Imgp5155この「お弁当止め」は全くの創作で作ってみたのでお弁当サイズに合わせて姪にかがる様にしてもらいました。
電話で「男の子だから今使っている「コップ入れ」も結構汚してくるのよ」と言っていたので、同じウルトラマン柄で3点セットも余分に作ってみました。

Imgp5148

Imgp5138

これで汚してきても怒ることを少なくできるでしょう。
それにしても、作り始めて感じたことは、「紺地に紺色の糸」だんだん大変!!
特に夜は・・・。
そういえば以前、母に着物を縫ってもらった時に、化繊の絽でおまけに紺地だったので縫い終わって私に渡す時に「紺地はこれきりにしてね」と言われたことを思い出しました。
縫い賃を浮かそうとして母に頼んでしまった事でしたが「大変だっただろう」としみじみ思い出されました。母の年までは皆に縫ってあげる事が出来るようになっていなくてはねImgp5121Imgp5163

Imgp5113_2

Imgp5127

http://hirolog06.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_983a.html

| コメント (0)

2010年3月14日

電車の中で・・・

最近の電車の中で出会った二つのお話です
なぜか、最近電車の中でお化粧している女性が多いいですね。
結構いるんですね。高校生まで!しかも全然恥ずかしいとは思っていない様子
あのゆれの中でアイラインやマスカラまで出来ちゃうんですから・・・。
きっと誰にも迷惑をかけていない!と思っているんでしょうね。


先日も有楽町から乗った地下鉄の中、比較的空いていたので座る事が出来「よかった・・」と一息ついたときにお隣を見ると大きなバックの口を開きごそごそとしています。
なんだろうと気にしていると、おもむろにお化粧を始めました。
ファンデーションから始まり、アイライン、マスカラ、、口紅とフルコース!
化粧品の匂いを周り中に振りまいて・・・
その間こちらは「この子達の中では電車の中ってなんだろう?何時から日本はこれが普通の事になったんだろう」と考えながらそして注意できない自分を反省。
そのとき彼女は最後の仕上げ・・フェイスブラシを取り出し顔におしろいの粉(パール系)塗り始めました。見ると私の黒のバックに白い粉が一面に・・・。
ムムっとしてバックの粉を払うと「うるさいわね!」とでも言うような顔をしてみてましたがほんとに腹が立ちましたね。
そして彼女は市谷で大きなバッグを肩に掛けて何事も無かったように可愛い笑顔で降りて行きました。
こちらは大きなため息が出てしまいました。

もう一つも地下鉄でのお話です。
座っているとお隣で若い女性が二人でお話をしているのが聞こえてきました。
聞こえてきた内容は「こんなにたくさん貰っちゃって困ったね。どうすればいいんだろうね」「そうだね。料理とかもしないし・・・」どうやらいただいたのは「柚子と生姜」のようなんです。
見るとビニール袋の中にゆずが3個、なぜか生姜が2~3個見えます。
何であんなものを貰ったんだろう?とこちらは空想がマック状態!

そのうち、またまたお隣から「おかずにならないしね・・。でも、こっちは味噌汁なんか大丈夫でしょ」「そうだね家のママも作っていたかも知れない」
そんな~!ゆずの味噌汁~!!!!
「皮を剥いて中身だけつかえばいいんだよね」「そうだね」って・・ちがうでしょ!!!だめ~ぇ!!!
あ~あ、おばさんとしては教えたいけど教えられないこのつらさ。
話が続くお二人。
そして二人は降りてゆきましたが「柚子と生姜の運命」はどうなったのでしょうか?

ちなみに私は「柚子」は皮は一部削ってラップに並べ冷凍してあります。
これは「お吸い物やおうどん」などに入れます。
残りは、柚子を適当な薄さに切って蜂蜜のビンの中に入れておき、「柚子茶」にして飲んでいます。お風呂に浮かべるのも良いですね。
「生姜」も柚子同様に蜂蜜につけて「生姜茶」は日持ちがします。
お安いときに何パックも買ってきて、フードプロセッサで一気にすりおろした後、ラップに板チョコのように広げ包丁の背で一回分の大きさに印をつけて割れやすくして冷凍します。
使う分だけ割って使えて一回づつする手間が無くこれも便利です。

| コメント (0)

2010年3月11日

そろそろ終わりかな?

Imgp5047_2

毎年のように、今頃煮ている「鱈の子」ですが、今年は当たり年?でしょうか、店頭に出ていることが多いいような気がします。
毎年母と見つけては買い、煮ていた鱈の子ですがその年によって余り無い年が有ります。魚屋さんも開いてみないとわからないそうで店頭に並べるとすぐに無くなってしまうようです。
Imgp5044_2
それでも、今年はもう3回程煮ました。
しかも大ぶりでしっかりした物が多いいようです。
今回も2パック見つけ煮て見ました。
毎回これで最後かな?と思いながら煮ますが、後は来年まで食べることはできません。
この時期になると「年だからガスをつけっぱなしにするといけないから・・・」と、寒いのにガス台の前で椅子に座っていた母を思い出しながら煮ました。

比較的煮ものをする事が多いい我が家では「ねぎの青い部分」を冷蔵庫に取っておきますが最近使っている煮物用の材料は「ザラメ」と「梅干し」です。
「ザラメ」は母がひ孫の「綿菓子」ようにたくさん買ってあったもの。
なんでこんな物がこんなに・・と言いたくなる程で、最近は子供用の自宅でできる「綿あめ機」が有り、時々子供たちとやって喜ぶ顔を見るのがうれしかったようです。
せっかくなのでお砂糖代わりに・・・それでも当分使えそうなくらいあります。

もうひとつの「梅干し」はずいぶん前に私がつけた梅干しですが、昔の物は塩分も強く「かめ」の底に残っておりどうしたものかと思っておりました。
最近、煮ものの塩の代わりに使ってみましたら結構おいしいんです。ただの塩ではなく味があるので。本当に「塩梅」ですね。

Imgp5064_2

でも見ているだけで「酸っぱ~い!」

2010年2月11日喫茶故

2007年2月15日・2007年2月21日「茶々」です
http://hirolog06.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/index.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧