« 黄身の味噌漬け | トップページ | FAXカバー »

2010年2月 4日

今日は「豆乳鍋」

今日は「豆乳鍋」
先週の日曜日、いつもの友人達が我が家に集合しました。(*゚▽゚)ノ
一応「新年会」と「誕生日のお祝い」と言う事で・・・。

私を除く3人は、11月・1月・2月と続いているので誕生日を祝おうと言う事になりました。
12時過ぎから集合して「ワイン」で乾杯!!
今日のメインは「豆乳鍋」です。

前日までに、いつもの「松前漬け」と今回は私の好きな「鰊と昆布の煮付け」をImgp4919_3作っておきました。

「鰊」ってなんていいお味なんでしょうか。私は大好きなんです。
焼いても美味しいし、勿論今回の様に煮ると最高。
温かいおそばはあまりいただかないのですが、「鰊そば」は別!

Imgp4929_6今回は、家にあった「昆布」と一緒に煮てみました。
築地で買ったカラカラの「身欠き鰊」を2日前から「米のとぎ汁」に漬けて置き、一回軽く湯通しした後、圧力鍋で20分。
そのまま10分ほど置いた後、汁の具合を見ながら普通に煮付けます。
最近は、昔自分で作った梅干が「干からびて?」(昔の梅干の作り方は塩分が多く、しばらく置いておいたら塩の結晶が出来ていました)いたので、煮物の時には塩の変わりに使っています。今回は臭み取りに使ってみました。
後は、「ねぎの青い部分」「皮付きの生姜を叩いたもの」「お砂糖と日本酒」「醤油」「粉末のだしの本」程度です。
最後に煮付けるときに「味醂」少々と」「生姜のすりおろし汁」も加え冷まします。

Imgp4883_3

お漬物は今で言うと「一昨年」になってしまいますが、私が漬けた「たくあん」で、母の家から引き上げてきた折に2樽残っておりましたので、友人宅で食べてもらったりした後は真空パックにしてから冷凍にしました。

その「たくあん」を少しずつ出し、今回は昆布や人参と「味ポン」で漬け込みました。
これは、神田教室の方に教えていただいた「割り干し大根」の方法を応用。
結構美味しくいただいております。

Imgp4904_3

「玉子の黄身の味噌漬け」も一品に加わり、そちらで大量に出た「白身」の部分は軽く炒め「レタスと生ハム」のサラダに加えました。Imgp4926_3
この白身を友人達は「チーズ」に間違えたほど。ヘルシーでしょ。


Imgp4933_3先日ご紹介した「はなびら大根」も簡単な一品ですが、彩としては簡単できれいですよね。

そして「卵焼き」
本当は、前日に築地のテリー伊藤プロデュース「玉子焼スイーツ」を買おうと行って見たら勿論売り切れだったんです!
仕方なく(m(__)m)お兄さんのお店「丸武」さんで青海苔入りを買いました。
この卵焼きは思い出の有るものです。
一昨年の暮れに築地で買い物をした折にいただいた「福引はがき」
Imgp4910_2自分の名前を二枚と母の名前を一枚書いて箱に入れたのですが、母が見事当たり(母は驚異的な「くじ運の強い人」なのです)、新年明けの17日に「丸武」さんの卵焼きを3箱もいただいたと言う事がありました。

まずは、ワインとお料理でかなり盛り上がり、その後今日のメインの「豆乳鍋」に入りました。
聞くと三人共、「豆乳鍋」が初めて!。
お味の程は・・・・?
かなり大きな鍋がだいぶ少なくなり、お腹がきつくなりましたが、もう一度暖めなおして「ご飯」と「玉子」「春菊」を入れて「おじや」にしたら、不思議にまたまたお鍋がきれいになりました。

おまけに・・・「ケーキ」が有ったんだ! Imgp4936_3
ロウソクを3本たて、ハッピーバースデーまで歌い、すっごくおしゃべりをして、泣く程笑って・・・。

帰りは残った料理も包んで帰っていただき、きれいになりました!
明日からの「元気」貰いました。

ところが後で気が付くと「豆乳鍋」の写真を忘れておりました。
まっ、見た目は普通の「鍋」ですのでいいか!
でも、お味は最高なのでレシピ(材料)だけ書いてみました。
参考にして作ってみてください。(何年か前に従妹から教えてもらったものです)

調整豆乳(調整されたもの)  1ℓ
白ゴマペースト          25g
白だしの薄めたもの       800cc
白醤油(薄口醤油)       15cc
チキンコンソメ              15g

材料は何でも美味しいです。意外な材料ですが我が家では「はんぺん」も入れます。(これも従妹からです)


« 黄身の味噌漬け | トップページ | FAXカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄身の味噌漬け | トップページ | FAXカバー »